消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q2)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

(令和元年9月30日までに購入した在庫品)

Q 平成26年(2014年)4月1日から令和元年(2019年)9月30日までの間に仕入れた商品を同年10月1日以後に販売した場合、消費税の適用関係はどのようになりますか。
A 販売については、「経過措置」が適用される場合を除き、新税率10%が適用されます。

一方、仕入れについては、旧税率8%が適用されます。

関連記事

  1. 生命保険の「節税商品」の販売中止と法改正の検討
  2. 個人版事業承継税制の創設
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q15)…
  4. 【令和元年7月改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q3)
  5. 事業承継税制 形式的な代表就任は税務調査で否認リスク
  6. 社会保険(健康保険・厚生年金保険)が適用される事業所は?
  7. 従業員と飲食店に行ったときの飲食費は会議費として処理できるの?
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置③工事契約等

最近の記事

PAGE TOP