消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q2)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

(令和元年9月30日までに購入した在庫品)

Q 平成26年(2014年)4月1日から令和元年(2019年)9月30日までの間に仕入れた商品を同年10月1日以後に販売した場合、消費税の適用関係はどのようになりますか。
A 販売については、「経過措置」が適用される場合を除き、新税率10%が適用されます。

一方、仕入れについては、旧税率8%が適用されます。

関連記事

  1. 自宅を会社の事務所にできるの?
  2. 売上はいつ計上するの?【商品・製品を販売する場合】
  3. 消費税転嫁拒否や通報に対する報復行為は違法
  4. 社会保険の被保険者となる人は?
  5. 消費税の計算のために必要な帳簿、書類は?
  6. 【消費税改正】区分記載請求書 値引き後金額は按分計算が必要
  7. 給与を支給している従業員を外注扱いできないの?
  8. 社会保険(健康保険・厚生年金保険)が適用される事業所は?

最近の記事

PAGE TOP