消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q29)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後(新税率10%)に行われる取引であっても、飲食料品(酒類や外食を除く)や新聞の定期購読など一部の対象品目については、税率8%が適用される「軽減税率制度」が講じられます。

(いちご狩り、ぶどう狩り、潮干狩り、釣り堀など)

Qいちご狩りなどの果物狩りの入園料は、消費税の軽減税率8%の適用対象となりますか。
A いちご農園でのいちご狩りやぶどう農園でのぶどう狩りなどの果物狩りの入園料は 、顧客に果物を収穫させ、その場で飲食させるサービスの提供であり、「飲食料品の譲渡」に該当せず、消費税の軽減税率8%の適用対象とはなりません。
ただし、収穫した果物について別途代金を徴収している場合は、その果物の販売は「飲食料品の譲渡」に該当するため、消費税の軽減税率8%の適用対象となります。
また、潮干狩りや釣り堀等についても同様の取り扱いとなります。

関連記事

  1. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q6)
  2. 少額の減価償却資産とは?
  3. 白色申告の帳簿作成・保存義務
  4. 相続財産の分配はどうするの?
  5. 非課税取引とは?
  6. 「遺留分」とは何ですか?
  7. バイオリンの名器「ストラディバリウス」は経費になる?
  8. 一括償却資産制度とは?

最近の記事

PAGE TOP