消費税の納税義務は?

Q. 消費税の納税義務は?

①納税義務者

・事業として、資産の譲渡や貸付、役務の提供を行った事業者(個人事業者および法人)が納税義務者となります。

②納税義務の免除

・基準期間(前々年度)における課税売上高が1,000万円以下の事業者は免除されます。

・課税取引の総額(輸出取引含む)から返品、売上値引き、売上割戻し等を差し引いた税抜金額で判定します。

・基準期間における課税売上高が1,000万円以下であっても、特定期間(前年度の期首から6ヶ月間)における課税売上高および給与等支払額が1,000万円を超えた場合、課税事業者となります。

※個人事業の場合は、前年度の1月から6月の6ヶ月間が特定期間となります。

※法人の設立1期目が7ヶ月以下の場合は、特定期間には該当せず、課税売上高による判定は行われません。

→特定期間による判定で法人の2期目から課税事業者となる見込みの場合、1期目を7ヶ月にすれば2期目を免税事業者とすることが可能になります(短期事業年度の特例)。

③選択による課税事業者

・免税事業者であっても、前期末までに税務署に「消費税課税事業者選択届出書」を提出することで課税事業者となることができます。

・免税事業者に戻るには、前期末までに税務署に「消費税課税事業者選択不適用届出書」を提出する必要があります。

・免税事業者でも、大きな設備投資がある場合は、課税事業者を選択することを検討しましょう(リース取引も考慮)。

・課税事業者を選択したら、原則として、2年間は免税事業者となることはできません。

・課税事業者を選択後、2年間に調整対象固定資産(棚卸資産以外の100万円以上の資産)を取得し、一般課税で申告した場合は、3年間は免税事業者となれず、また、簡易課税も選択できません。

・一般課税を適用している課税事業者(自動的に課税事業者になった場合も含む)が、高額特定資産(1,000万円以上)を取得した場合、3年間は免税事業者となれず、また、簡易課税も選択できません。

 

関連記事

  1. 消費税10%改正【要点まとめ】請求書の記載方法
  2. 青色申告の要件は?
  3. 役員報酬の変更方法は?
  4. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  5. 給与を支給している従業員を外注扱いできないの?
  6. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑧有料老人ホーム
  7. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q18)…
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q9)

最近の記事

PAGE TOP