消費税の納税義務は?

Q. 消費税の納税義務は?

①納税義務者

・事業として、資産の譲渡や貸付、役務の提供を行った事業者(個人事業者および法人)が納税義務者となります。

②納税義務の免除

・基準期間(前々年度)における課税売上高が1,000万円以下の事業者は免除されます。

・課税取引の総額(輸出取引含む)から返品、売上値引き、売上割戻し等を差し引いた税抜金額で判定します。

・基準期間における課税売上高が1,000万円以下であっても、特定期間(前年度の期首から6ヶ月間)における課税売上高および給与等支払額が1,000万円を超えた場合、課税事業者となります。

③選択による課税事業者

・免税事業者であっても、前期末までに税務署に「消費税課税事業者選択届出書」を提出することで課税事業者となることができます。

・免税事業者に戻るには、前期末までに税務署に「消費税課税事業者選択不適用届出書」を提出する必要があります。

・免税事業者でも、大きな設備投資がある場合は、課税事業者を選択することを検討しましょう(リース取引も考慮)。

・課税事業者を選択したら、原則として、2年間は免税事業者となることはできません。

・課税事業者を選択後、2年間に調整対象固定資産(棚卸資産以外の100万円以上の資産)を取得し、一般課税で申告した場合は、3年間は免税事業者となれず、また、簡易課税も選択できません。

・一般課税を適用している課税事業者(自動的に課税事業者になった場合も含む)が、高額特定資産(1,000万円以上)を取得した場合、3年間は免税事業者となれず、また、簡易課税も選択できません。

 

関連記事

  1. 固定資産の修理・改良等のために支出した費用の取扱いは?
  2. 所得がどれくらいで法人にした方が有利?
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q12)…
  4. 借金や葬式費用は相続財産から差し引けるの?
  5. 通勤手当の取扱いは?
  6. 青色申告の要件は?
  7. 法人成りの場合の消費税の納税義務は?
  8. マイナンバーカードで買い物ポイント還元

最近の記事

PAGE TOP