消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q1)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

(令和元年10月1日前後の取引に係る消費税法の適用関係の原則)

Q 令和元年(2019年)9月30日までに締結した契約に基づく仕入等が、同年10月1日以後に行われた場合、消費税の適用関係はどのようになりますか。
A 「経過措置」が適用される場合を除き、新税率10%が適用されます。

なお、令和元年(2019年)10月1日以後に行われる軽減対象資産(酒類や外食を除く食品、新聞等)の譲渡等については、軽減税率8%が適用されます。

 

関連記事

  1. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q20)
  2. 従業員と飲食店に行ったときの飲食費は会議費として処理できるの?
  3. 固定資産税はいつ費用計上すればいいの?
  4. 役員報酬は毎月同額にしないといけないの?
  5. 消費税軽減税率制度説明会(税務署主催)
  6. 外国に居住している親族も控除対象になるの?
  7. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【日払いの給与】
  8. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q10)…

最近の記事

PAGE TOP