令和5年税制改正大綱 NISA拡充

  • 現行制度では、つみたてNISAの投資可能期間は2042年まで、非課税で保有できる期間は最長20年間となっており、年間の購入額の上限は40万円で非課税で保有できる投資総額は800万円となっています。
  • 一方、一般NISAの投資可能期間は2028年まで、非課税で保有できる期間は最長5年間となっており、年間の購入額の上限は120万円で非課税で保有できる投資総額は600万円となっています。
  • つみたてNISAと一般NISAはどちらか1つしか選択できませんでしたが、新たな制度では、長期の積み立てを目的に投資信託だけが購入できる「つみたて成長枠」と、上場企業の株式などを購入できる「成長投資枠」が設けられ、どちらも利用できるようになります。
  • 年間の投資の上限額については、「つみたて投資枠」は120万円、「成長投資枠」は240万円、合計で360万円となります。非課税で保有できる資産の限度額は2つの枠の合計で1800万円となります。
  • 新制度は2024年1月よりスタートする恒久的な制度であり、非課税で保有できる期間も無期限となります。
  • すでに従来のつみたてNISAや一般NISAで投資している人も、それとは別途、新制度で1800万円まで非課税で保有できます。

関連記事

  1. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q6)
  2. 【令和元年7月改訂】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q12)…
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑦特定新聞
  4. 2019年度税制改正大綱の概要
  5. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑤予約販売に係る書籍等
  6. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q1)
  7. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q34)
  8. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q28)

最近の記事

PAGE TOP