消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q3)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

(事業者間で収益・費用の計上基準が異なる場合の取扱い)

Q 当社(A社)では、検収基準により仕入れを計上しています。ところで、当社と取引先(B社)の収益、費用の計上基準の違いにより、当社が、10月初旬に検収基準により仕入れを計上したものであっても、取引先が出荷基準によっている場合、令和元年(2019年)10月1日前に出荷された商品は旧税率(8%)が適用されるので、取引先(B社)から、旧税率に基づく消費税額等が記載された請求書が送付されてくるものと考えられます。このような場合、当社の仕入控除税額の計算はどのように行えばよいですか。
A B社がA社に対して令和元年(2019年)9月30日までに行った譲渡等のため、A社においても旧税率(8%)で仕入税額控除の計算を行います。

 

関連記事

  1. 労働保険(労災保険・雇用保険)が適用される事業所は?
  2. 従業員に決算賞与を支給しても問題ないの?
  3. 役員報酬を期中に減額できる場合は?
  4. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q13)…
  5. 2019年度税制改正大綱の概要
  6. 役員報酬の金額はどのように決めればいいの?
  7. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q9)
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑤予約販売に係る書籍等

最近の記事

PAGE TOP