相続開始前に贈与を受けていた場合はどうなるの?

Q. 相続開始前に贈与を受けていた場合はどうなるの?

相続開始前3年以内に被相続人から贈与を受けていた場合、その贈与された財産も相続税の対象となります。

贈与時に贈与税を納めていた場合、相続税から贈与時に収めた贈与税を控除して精算されます。

なお、贈与のうち、「住宅取得等資金の贈与税の非課税措置」や「教育資金の一括贈与の非課税措置」、「夫婦間の居住用不動産の贈与」を受けた場合については、3年以内の贈与でも相続税の対象になりません。

また、相続開始3年以内に贈与を受けていても、相続財産を取得しなかった人は、贈与税の加算はありません。

ちなみに、「相続時精算課税制度」を選択している場合、3年以内のものだけでなく、「相続時精算課税制度」を選択した後の贈与すべてが、相続税の対象となります。

 

関連記事

  1. 消費税軽減税率制度説明会(税務署主催)
  2. 節税保険に関する税制改正が公表 短期払のがん保険にも制限
  3. 30万円未満の資産はすべて経費になるの?
  4. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q22)…
  5. 中古品の耐用年数は?
  6. 令和2年度税制改正 消費税①賃貸マンションの消費税還付規制
  7. 令和2年分確定申告期限の延長
  8. 社会保険料の算定方法は?

最近の記事

PAGE TOP