会計士・税理士変更

会計士・税理士変更

こんなお悩みはありませんか?

お悩みイメージ

 

先代から引き続き税務をお願いしている税理士さんがいるけれど、連絡が取りづらい

担当の税理士さんはいまいち親身になって相談に乗ってくれない…

説明やアドバイスが分かりづらくて何だかモヤモヤ…

会社経営がもっと良くなる手立てを模索中

初回相談無料!
税務のセカンドオピニオン

病院のセカンドオピニオンのように、「税務」もセカンドオピニオンで「第2の意見」を求めてみませんか?

 セカンドオピニオンの必要性

セカンドオピニオンの必要性

病気の時、患者が納得できる治療法を選択できるように現在診察を受けている病院・担当医とは別に、違う医療機関に「第二の意見」を求める「セカンドオピニオン」は今や広く知られています。
分野は違えど、専門性のある税務に関しても「第二の意見」を求めることで別の角度からの意見を取り入れることができ、現在の経営の方向性の正当性を図る上でも、大きなメリットと言えるでしょう。
また、専門性の高い分野であるからこそ、公認会計士・税理士にも得意・不得意な分野が存在します。「所得税のエキスパート」であったり「相続の専門家」であったり…それこそ多岐に渡ります。ある特定の問題において、現在の顧問税理士の提案よりも、その分野が得意な税理士の方がより良い提案ができるかもしれないと言うことです。
だからこそ、清水公認会計士・税理士事務所でもセカンドオピニオンの必要性を鑑み、顧問税理士を変えたいとまではいかなくとも、他の公認会計士・税理士の意見やアドバイスが聞きたいと言う方のために、税務のセカンドオピニオンを受け入れています。ご契約の際、守秘義務を徹底いたしますので現在の顧問弁護士の方に内緒にしたい方もご安心ください。

 例えばこんなメリットも

例えばこんなメリットも

具体的な例で言えば、小売業者の消費税の納付があります。原則的な方法で消費税額を計算すると、実際に預かった消費税よりも納付する消費税が多くなってしまう可能性がありますが、ある特例を適用すると、年間で20万円以上の消費税が節税できることも。実際に、清水公認会計士・税理士事務所へセカンドオピニオンに来られた方の消費税申告書を拝見すると、知らずのうちにお客様が損をしているケースが多く見受けられます。税務のことは全然詳しくないからと任せきりの方は特に注意が必要です。もちろん自分で情報を仕入れて考えろと暴論を言うつもりはございません。そんな時に、セカンドオピニオンをご利用いただきたいのです。
もちろん、不安なことばかりでなく「財務・経営で新たな意見を取り入れたい」「元SEとしてのアドバイスが欲しい」…など、前向きなご相談も大歓迎ですので、現在の公認会計士さん・税理士さんでご満足されている方も、一度清水公認会計士・税理士事務所に相談してみてください。一緒に会社をより良くしていくパートナーとして、誠心誠意サポートいたします。

 元SEの知識を駆使!!業務に必要なシステムで生産性を高め、効率アップをサポート

元SEの知識を駆使して、効率アップをサポート

清水公認会計士・税理士事務所へセカンドオピニオンで相談に来られる方の多くは、「コミュニケーションが取りづらい」「経費を削減したい」「業績を改善したい」「経理処理のシステムを見直したい」「会計ソフト移行のアドバイスが欲しい」…などなど、様々なお悩みを抱えていらっしゃいます。税務の情報や法律は日々新しくなっていきますので、清水公認会計士・税理士事務所では常に新しい制度の情報を取り入れています(詳しくはブログ参照)。皆さんが使うことで“得する”はずだった制度を使っているのと、使っていないのとでは、あなたの会社・お店の未来が変わります初回相談無料ですので、お気軽にご相談いただけたらと思います。
また、清水公認会計士・税理士事務所の特徴は、元SEとして全く違う場所での社会人経験があること。現場が想像でき、現場の悩みがわかります。しかも、会計ソフトのご提案やシステムの導入コンサルまで可能ですのでIT関係でお困りの方もぜひお問い合わせください。業務フロー見直しによるベストなシステムのご提案で生産性を高め、御社の効率アップをサポートいたします!

お問い合わせ・ご相談はこちら 
過去の実績についてはこちら

PAGE TOP