消費税10%改正【要点まとめ】3つの税率

令和元年(2019年)10月に予定されている消費税の増税まであと半年を切りました。
消費税改正以降、①標準税率(10%)②軽減税率(8%)③経過措置(8%)の3つの消費税率が混在することになります。

①標準税率(10%)
令和元年(2019年)10月1日に②軽減税率や③経過措置が適用される場合を除き、消費税率が10%に引き上げられます。

②軽減税率(8%)
以下のような特定の品目については、消費税率が8%のまま据え置かれます(軽減税率)。
・飲食料品(酒類、医薬品、飲食店やイートインコーナーなどでの食事など除く)
・定期購読を契約している新聞(週2回以上発行されるもの)

③経過措置(8%)
令和元年(2019年)10月1日以降に行われる取引であっても、一部の取引については改正前の税率8%が適用されます。
・2014年4月1日から2019年9月30日までの間に対価を領収している旅客運賃、電気料金、映画・イベント等のチケット料金、特定新聞など
・2013年10月1日から2019年3月31日までの間に契約締結した建設工事、システム開発等に係る請負契約の取引など

関連記事

  1. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q21)…
  2. 改正予定の相続税(民法)
  3. 消費税増税対策「プレミアム商品券」
  4. 外国に居住している親族も控除対象になるの?
  5. 相続した財産を3年以内に売却して節税
  6. 仕入はいつ計上するの?
  7. 労働保険(労災保険・雇用保険)が適用される事業所は?
  8. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q18)…

最近の記事

PAGE TOP