中古品の耐用年数は?

Q. 中古品の耐用年数は?

・使用可能期間として合理的に見積もった年数

・見積りが困難な場合は、以下の簡便法により算定した年数でも可
算式:(法定耐用年数 – 経過年数) + 経過年数×20%
ただし、すでに法定耐用年数を経過している場合は、
算式:法定耐用年数×20%
(1年未満の端数は切捨て、最短でも2年とする)

・中古品の修理・改良等に係る支出が再取得価格(新品で取得する場合の価格)の50%を超える場合は、法定耐用年数を適用します。

 

関連記事

  1. 【令和元年7月改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q5)
  2. 売掛金や貸付金が回収できない場合の処理は?
  3. マイナンバーカード 健康保険証、お薬手帳などと一体化
  4. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  5. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q18)…
  6. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【日払いの給与】
  7. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q14)…
  8. 輸出取引に消費税は課税されるの?

最近の記事

PAGE TOP