中古品の耐用年数は?

Q. 中古品の耐用年数は?

・使用可能期間として合理的に見積もった年数

・見積りが困難な場合は、以下の簡便法により算定した年数でも可
算式:(法定耐用年数 – 経過年数) + 経過年数×20%
ただし、すでに法定耐用年数を経過している場合は、
算式:法定耐用年数×20%
(1年未満の端数は切捨て、最短でも2年とする)

・中古品の修理・改良等に係る支出が再取得価格(新品で取得する場合の価格)の50%を超える場合は、法定耐用年数を適用します。

 

関連記事

  1. 消費税10%改正【要点まとめ】軽減税率8% or 標準税率10%…
  2. 会社が海外居住者や外国法人から不動産を賃借した場合、源泉徴収は必…
  3. 外国人を雇用したときの源泉徴収は?
  4. 年払いの費用(家賃、リース料、保険料、支払利息等)は1年分すべて…
  5. 売上はいつ計上するの?【商品・製品を販売する場合】
  6. 節税保険に関する税制改正が公表 短期払のがん保険にも制限
  7. 土地や建物以外にも固定資産税はかかるの?
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q4)

最近の記事

PAGE TOP