2019年4月から新制度などが一斉スタート

2019年4月より種々の制度などが新しくスタートします。

〇働き方改革関連法が施行

2019年4月よりスタートする「働き方改革」の主な内容は以下の通りです。

①有給休暇の5日以上の付与の義務化(対象:有給休暇10日以上の保有者)

②労働時間の客観的な把握の義務化(対象:管理職等を含むすべての職員)

③残業時間の上限規制

時間外労働の上限が、月45時間・年360時間を原則として、特別な事情がある場合でも年720時間以内・単月で100時間未満・複数月平均で80時間未満

④終業時刻と翌日始業時刻の間のインターバル制度導入の努力義務化

⑤フレックスタイム制の精算期間が「1ヶ月以内」から「3ヶ月以内」に変更

⑥高度プロフェッショナル制度創設

 

〇個人事業承継税制が施行

個人事業者の事業承継を促すため、10年間の時限措置として、事業承継に係る資産等の贈与税・相続税について100%納税が猶予されます。

・期間:2019年1月1日から2028年12月31日までの間に行われる相続・贈与が対象(2019年度は遡及適用)

・猶予割合:100%

・対象資産:土地、建物、機械・器具備品、車両・船舶、構築物、無形償却資産(特許権等)、生物(乳牛等)

・対象面積:土地400㎡、建物800㎡

・要件:経営承継円滑化法に基づく認定、5年以内に承継計画を提出

・留意点:事業の廃止時に納税(免除・減免措置あり)

 

〇新たな在留資格「特定技能」がスタート

新しい在留資格である「特定技能」が創設されます。

特定技能ビザが創設されると、今まで外国人が労働できなかった建設業、自動車整備業、造船業、製造業、飲食業、介護業などでも労働が可能となります。

 

〇国民年金の支給額の引き上げ

2019年度から国民年金の満額が67円引き上げられ「65,008円」となります(実際の支給は6月より)。

 

〇国民健康保険料の上限額の引き上げ

国民健康保険料の上限額が引き上げられます。

・国民健康保険料限度額(介護納付金分除く):77万円から80万円に3万円引き上げ

・国民健康保険料限度額(介護納付金分含む):93万円から97万円に4万円引き上げ

 

関連記事

  1. iDeCoで節税対策
  2. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q5)
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑦特定新聞
  4. 生命保険の「節税商品」の販売中止と法改正の検討
  5. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置②電気料金等
  6. 消費税増税対策「プレミアム商品券」
  7. 個人版事業承継税制の創設
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑤予約販売に係る書籍等

最近の記事

PAGE TOP