外国に居住している親族も控除対象になるの?

Q. 外国に居住している親族も控除対象になるの?

①国外居住親族に係る扶養控除等の適用を受ける場合は、「親族関係書類」および「送金関係書類」を源泉徴収義務者に提出する必要があります。

②「親族関係書類」とは、以下のいずれかの書類で、納税者の親族であることを証明する書類です。

・戸籍の附票の写し及び扶養親族のパスポートの写し

・外国の戸籍謄本、出生証明書、婚姻証明書など

③「送金関係書類」とは、金融機関の書類またはクレジットカードの明細等で、国外居住親族の生活費等を支払ったことを証明する書類です。

④書類が外国語の場合、翻訳文も提示する必要があります。

⑤「送金関係書類」は、各人ごと・年ごとに提出する必要があります(複数人いる場合は、分けて送金する必要あり)。

 

関連記事

  1. 社員旅行の費用は会社の経費となるの?
  2. 消費税10%改正【要点まとめ】3つの税率
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q9)
  4. 会社が海外居住者や外国法人から不動産を賃借した場合、源泉徴収は必…
  5. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q29)
  6. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q13)…
  7. 【消費税増税速報】コンビニでICOCA利用で2%還元されました
  8. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q21)

最近の記事

PAGE TOP