消費税10%改正【要点まとめ】経過措置②電気料金等

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

契約に基づき継続的に供給される電気、ガス、水道、電話、灯油に係る料金のうち、令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後から令和元年(2019年)10月31日までの間に料金の支払が確定するものについては、旧税率8%が適用されます。

 

関連記事

  1. 2019年度税制改正大綱の概要
  2. 売掛金や貸付金が回収できない場合の処理は?
  3. 【令和元年7月改訂】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q12)…
  4. キャッシュレス・ポイント還元対象店舗検索アプリ
  5. 個人版事業承継税制の創設
  6. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【月払いの給与(時…
  7. 役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?
  8. 寄附金は経費になるの?

最近の記事

PAGE TOP