消費税10%改正【要点まとめ】経過措置②電気料金等

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

契約に基づき継続的に供給される電気、ガス、水道、電話、灯油に係る料金のうち、令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後から令和元年(2019年)10月31日までの間に料金の支払が確定するものについては、旧税率8%が適用されます。

 

関連記事

  1. 年払いの費用(家賃、リース料、保険料、支払利息等)は1年分すべて…
  2. 事業承継税制 形式的な代表就任は税務調査で否認リスク
  3. 役員報酬を期中に減額できる場合は?
  4. 役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?
  5. 社会保険(健康保険・厚生年金保険)が適用される事業所は?
  6. 2019年4月から新制度などが一斉スタート
  7. 会社の種類による違いは?
  8. 仕入に含まれる費用はどんなもの?

最近の記事

PAGE TOP