遺産分割協議とは?

Q. 遺産分割協議とは?

・「遺産分割協議」とは、相続人全員で遺産をどのように分割するか話し合うことです。

・「遺産分割協議書」は、相続人全員の署名と押印があって初めて有効となり、被相続人の預貯金の引出しや不動産の名義の書き替えなど財産の移転が可能となります。

・遺産分割は法定相続分にしばられる必要はありません。

・遺言書があっても遺産分割協議は可能で、相続人全員の合意があれば遺言書よりも優先されます。

・遺産分割協議で遺産分割がまとまらない場合、家庭裁判所を利用し、解決法のアドバイスをもらう方法があります。

 

関連記事

  1. 社会保険の被扶養者になるための条件は?
  2. 年払いの費用(家賃、リース料、保険料、支払利息等)は1年分すべて…
  3. 従業員や得意先等に支給する慶弔費の取扱いは?
  4. 令和2年度税制改正 消費税①賃貸マンションの消費税還付規制
  5. 2019年5月より新元号「令和」に!経理で必要な対応は?
  6. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置①旅客運賃等
  7. 青色申告と白色申告の違いは?
  8. 消費税転嫁拒否や通報に対する報復行為は違法

最近の記事

PAGE TOP