相続財産の分配はどうするの?

Q. 相続財産の分配はどうするの?

民法では法定相続人に対して、それぞれの相続財産の取り分が定められています(法定相続分)。

しかし、必ずしも法定相続分で相続される訳ではなく、遺言書があればそれが優先されます。

遺言書がなければ、相続人全員で相続財産の分配について協議(遺産分割協議)されることになります。

ちなみに、法定相続分は、

①配偶者と第1順位の相続人がいる場合は、配偶者は1/2、第1順位の相続人は1/2の法定相続分となります。

第1順位の相続人(被相続人の子)が複数いる場合は、1/2の相続分を均等に分けます。

子が亡くなって孫が相続する場合は、亡くなった子の相続分を孫で均等に分けます。

②第1順位の相続人がいない場合は、配偶者は2/3、第2順位の相続人は1/3の法定相続分となります。

相続人が複数いる場合は、均等に分けます。

③第1・2順位がいない場合は、配偶者は3/4、第3順位の相続人は1/4の法定相続分となります。

相続人が複数いる場合は、均等に分けます。

 

関連記事

  1. 従業員と飲食店に行ったときの飲食費は会議費として処理できるの?
  2. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q2)
  3. 従業員や得意先等に支給する慶弔費の取扱いは?
  4. 遺言書について教えてください
  5. 年払いの費用(家賃、リース料、保険料、支払利息等)は1年分すべて…
  6. 令和2年度税制改正 消費税②確定申告期限の延長
  7. マイナンバーカード 健康保険証、お薬手帳などと一体化
  8. 借金や葬式費用は相続財産から差し引けるの?

最近の記事

PAGE TOP