生命保険を会社で負担したときの処理は?

Q. 生命保険を会社で負担したときの処理は?

・定期保険(満期保険金なし)の場合、契約者が会社で、被保険者および保険金受取人が役員や従業員であれば、保険料は福利厚生費として損金に算入できます。

・養老保険(満期保険金あり)の場合、契約者が会社で、被保険者および保険金受取人が役員や従業員(死亡保険金の受取りはその遺族)であれば、保険料は給与とみなされ所得税が課税されます。

・養老保険(満期保険金あり)の場合、死亡保険金の受取人が遺族で、満期保険金の受取人が会社であれば、保険料の1/2は資産計上、残り1/2は福利厚生費として損金に算入します。

※役員またはその他特定の従業員のみを被保険者としている場合には、福利厚生費ではなく給与として課税されます。

 

関連記事

  1. 配偶者以外で扶養親族の対象となる人の範囲は?
  2. 輸入取引に消費税は課税されるの?
  3. 無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?
  4. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q10)…
  5. 誰が相続人になるの(法定相続人)?
  6. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【日払いの給与】
  7. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑥通信販売
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑤予約販売に係る書籍等

最近の記事

PAGE TOP