無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?

Q. 無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?

①個人事業者の自家消費

・個人事業者が事業用の資産(棚卸資産除く)を家事のために消費した場合、時価で譲渡したとみなして消費税が課税されます。

・棚卸資産を自家消費した場合は、その仕入価額以上かつ販売価額の50%以上の対価を申告していれば、その取扱いが認められます。

②法人の役員に対する低額譲渡

・法人の役員に対して、資産(棚卸資産除く)をその時価の50%未満で譲渡した場合、時価で譲渡したとみなして消費税が課税されます。

・棚卸資産をその仕入価額以上かつ販売価額の50%以上で譲渡した場合は、低額譲渡に該当しない。

 

関連記事

  1. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q23)…
  2. 非課税取引とは?
  3. 役員報酬とは別に、役員が会社のお金を引き出した際の取扱いは?
  4. 少額の減価償却資産とは?
  5. 節税保険に関する税制改正が公表 短期払のがん保険にも制限
  6. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q14)…
  7. 設立日・決算日はどのように決めればいいの?
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】軽減税率8% or 標準税率10%…

最近の記事

PAGE TOP