無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?

Q. 無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?

①個人事業者の自家消費

・個人事業者が事業用の資産(棚卸資産除く)を家事のために消費した場合、時価で譲渡したとみなして消費税が課税されます。

・棚卸資産を自家消費した場合は、その仕入価額以上かつ販売価額の50%以上の対価を申告していれば、その取扱いが認められます。

②法人の役員に対する低額譲渡

・法人の役員に対して、資産(棚卸資産除く)をその時価の50%未満で譲渡した場合、時価で譲渡したとみなして消費税が課税されます。

・棚卸資産をその仕入価額以上かつ販売価額の50%以上で譲渡した場合は、低額譲渡に該当しない。

 

関連記事

  1. 配偶者の特例を使うと相続税はどうなるの?
  2. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q21)…
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q17)…
  4. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【月払いの給与(時…
  5. 役員報酬とは別に、役員が会社のお金を引き出した際の取扱いは?
  6. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑧有料老人ホーム
  7. 開業前の費用は経費になるの?
  8. 土地や建物以外にも固定資産税はかかるの?

最近の記事

PAGE TOP