無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?

Q. 無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?

①個人事業者の自家消費

・個人事業者が事業用の資産(棚卸資産除く)を家事のために消費した場合、時価で譲渡したとみなして消費税が課税されます。

・棚卸資産を自家消費した場合は、その仕入価額以上かつ販売価額の50%以上の対価を申告していれば、その取扱いが認められます。

②法人の役員に対する低額譲渡

・法人の役員に対して、資産(棚卸資産除く)をその時価の50%未満で譲渡した場合、時価で譲渡したとみなして消費税が課税されます。

・棚卸資産をその仕入価額以上かつ販売価額の50%以上で譲渡した場合は、低額譲渡に該当しない。

 

関連記事

  1. 会社の種類による違いは?
  2. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q16)…
  3. 青色申告と白色申告の違いは?
  4. 遺産分割協議とは?
  5. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【日払いの給与】
  6. 少額の減価償却資産とは?
  7. 輸出取引に消費税は課税されるの?
  8. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…

最近の記事

PAGE TOP