無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?

Q. 無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?

①個人事業者の自家消費

・個人事業者が事業用の資産(棚卸資産除く)を家事のために消費した場合、時価で譲渡したとみなして消費税が課税されます。

・棚卸資産を自家消費した場合は、その仕入価額以上かつ販売価額の50%以上の対価を申告していれば、その取扱いが認められます。

②法人の役員に対する低額譲渡

・法人の役員に対して、資産(棚卸資産除く)をその時価の50%未満で譲渡した場合、時価で譲渡したとみなして消費税が課税されます。

・棚卸資産をその仕入価額以上かつ販売価額の50%以上で譲渡した場合は、低額譲渡に該当しない。

 

関連記事

  1. 法人成りの場合の資産の引き継ぎ方法は?
  2. 消費税軽減税率制度説明会(税務署主催)
  3. 【空き家3000万円の特別控除】空き家を売却しても税金はかからな…
  4. 年払いの費用(家賃、リース料、保険料、支払利息等)は1年分すべて…
  5. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q10)…
  6. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q9)
  7. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q8)
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置④資産の貸付け

最近の記事

PAGE TOP