無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?

Q. 無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?

①個人事業者の自家消費

・個人事業者が事業用の資産(棚卸資産除く)を家事のために消費した場合、時価で譲渡したとみなして消費税が課税されます。

・棚卸資産を自家消費した場合は、その仕入価額以上かつ販売価額の50%以上の対価を申告していれば、その取扱いが認められます。

②法人の役員に対する低額譲渡

・法人の役員に対して、資産(棚卸資産除く)をその時価の50%未満で譲渡した場合、時価で譲渡したとみなして消費税が課税されます。

・棚卸資産をその仕入価額以上かつ販売価額の50%以上で譲渡した場合は、低額譲渡に該当しない。

 

関連記事

  1. 役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?
  2. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q12)…
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q8)
  4. 期末在庫の単価はどのように決めるの?
  5. 外国人を雇用したときの源泉徴収は?
  6. 法人成りの場合の消費税の納税義務は?
  7. 従業員の資格取得費用の取扱いは?
  8. 労働保険(労災保険・雇用保険)が適用される事業所は?

最近の記事

PAGE TOP