役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?

Q. 役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?

・会社が役員や従業員の食事代を全額負担した場合は、その全額を給与に含めて源泉徴収税額を計算する必要があります。

・役員や従業員が食事代を半額以上負担し、会社負担分が1ヶ月当り3,500円(税抜)以下であれば、福利厚生費で処理できます(現物給与とならない)。

・残業や宿直等、通常の勤務時間外の勤務に対して、食事を支給した場合は、福利厚生費で処理できます。

 

関連記事

  1. 役員に賞与を払いたい場合はどうすればいいの?
  2. 「節税保険」に対応した税制改正案(令和元年)
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q5)
  4. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑦特定新聞
  5. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【日払いの給与】
  6. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑧有料老人ホーム
  7. 所得がどれくらいで法人にした方が有利?
  8. 売上はいつ計上するの?【サービス業】

最近の記事

PAGE TOP