役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?

Q. 役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?

・会社が役員や従業員の食事代を全額負担した場合は、その全額を給与に含めて源泉徴収税額を計算する必要があります。

・役員や従業員が食事代を半額以上負担し、会社負担分が1ヶ月当り3,500円(税抜)以下であれば、福利厚生費で処理できます(現物給与とならない)。

・残業や宿直等、通常の勤務時間外の勤務に対して、食事を支給した場合は、福利厚生費で処理できます。

 

関連記事

  1. 遺産分割協議とは?
  2. 期末在庫の単価はどのように決めるの?
  3. 制服を支給したときの取扱いは?
  4. 青色申告の要件は?
  5. 従業員に決算賞与を支給しても問題ないの?
  6. 売上はいつ計上するの?【サービス業】
  7. 売上はいつ計上するの?【請負で成果物の引き渡しがある場合】
  8. 一括償却資産制度とは?

最近の記事

PAGE TOP