役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?

Q. 役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?

・会社が役員や従業員の食事代を全額負担した場合は、その全額を給与に含めて源泉徴収税額を計算する必要があります。

・役員や従業員が食事代を半額以上負担し、会社負担分が1ヶ月当り3,500円(税抜)以下であれば、福利厚生費で処理できます(現物給与とならない)。

・残業や宿直等、通常の勤務時間外の勤務に対して、食事を支給した場合は、福利厚生費で処理できます。

 

関連記事

  1. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q33)
  2. バイオリンの名器「ストラディバリウス」は経費になる?
  3. 2019年5月より新元号「令和」に!経理で必要な対応は?
  4. 【3,000万円の特別控除】自宅を売却しても税金はかからない?
  5. 基準期間がない場合の消費税は?
  6. 相続財産の分配はどうするの?
  7. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q24)
  8. 消費税の納税義務は?

最近の記事

PAGE TOP