役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?

Q. 役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?

・会社が役員や従業員の食事代を全額負担した場合は、その全額を給与に含めて源泉徴収税額を計算する必要があります。

・役員や従業員が食事代を半額以上負担し、会社負担分が1ヶ月当り3,500円(税抜)以下であれば、福利厚生費で処理できます(現物給与とならない)。

・残業や宿直等、通常の勤務時間外の勤務に対して、食事を支給した場合は、福利厚生費で処理できます。

 

関連記事

  1. 消費税10%改正【要点まとめ】軽減税率8% or 標準税率10%…
  2. 【令和元年7月改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q1)
  3. 仕入はいつ計上するの?
  4. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q1)
  5. 一括償却資産制度とは?
  6. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  7. 消費税の納税義務は?
  8. 役員報酬とは別に、役員が会社のお金を引き出した際の取扱いは?

最近の記事

PAGE TOP