【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q10)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、飲食料品(酒類や外食を除く)や新聞の定期購読など」一部の対象品目については、改正前の8%が適用される「軽減税率」が講じられます。

(販売手数料)

Q 【令和元年7月追加】清涼飲料水の自動販売機を設置しており、飲料メーカーから販売数に応じた手数料を受領しているのですが、この販売手数料は軽減税率8%が適用されますか。
A飲料メーカーから受領する販売手数料は、飲料の販売数に応じてその手数料の金額が計算されるとしても、自動販売機の設置等に対して支払われる対価であり、「役務の提供」に対する対価に該当することから、軽減税率8%は適用されません。

関連記事

  1. 消費税10%改正【要点まとめ】3つの税率
  2. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q19)
  3. 固定資産税はいつ費用計上すればいいの?
  4. 【消費税増税速報】実質負担税率は3%・5%・6%・8%・10%の…
  5. 従業員や得意先等に支給する慶弔費の取扱いは?
  6. バイオリンの名器「ストラディバリウス」は経費になる?
  7. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑤予約販売に係る書籍等
  8. 従業員の資格取得費用の取扱いは?

最近の記事

PAGE TOP