基準期間がない場合の消費税は?

Q. 基準期間がない場合の消費税は?

①基準期間がない新規設立法人(第1期および第2期)は、原則として納税義務が免除されるが、資本金が1,000万円以上の場合は、納税義務が免除されません。

②基準期間がある場合(第3期以降)は、課税売上高で納税義務が判定されるため、資本金が1,000万円以上であっても、基準期間の課税売上高が1,000万円以下であれば、免税事業者となります。

③特定期間(前年度の期首から6ヶ月間)がある場合(第2期以降)の納税義務の判定(課税売上高および給与等支払額が1,000万円以上)を失念しないよう留意しましょう(特に、所得の多い個人事業者の法人成りの場合など)。

 

関連記事

  1. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【日払いの給与】
  2. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置④資産の貸付け
  3. 中古品の耐用年数は?
  4. 従業員に決算賞与を支給しても問題ないの?
  5. 特別受益とは?
  6. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【月払いの給与(時…
  7. 従業員と飲食店に行ったときの飲食費は会議費として処理できるの?
  8. 【令和元年7月改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q2)

最近の記事

PAGE TOP