基準期間がない場合の消費税は?

Q. 基準期間がない場合の消費税は?

①基準期間がない新規設立法人(第1期および第2期)は、原則として納税義務が免除されるが、資本金が1,000万円以上の場合は、納税義務が免除されません。

②基準期間がある場合(第3期以降)は、課税売上高で納税義務が判定されるため、資本金が1,000万円以上であっても、基準期間の課税売上高が1,000万円以下であれば、免税事業者となります。

③特定期間(前年度の期首から6ヶ月間)がある場合(第2期以降)の納税義務の判定(課税売上高および給与等支払額が1,000万円以上)を失念しないよう留意しましょう(特に、所得の多い個人事業者の法人成りの場合など)。

 

関連記事

  1. 役員や従業員に貸した社宅の家賃はどう決めるの?
  2. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【月払いの給与(時…
  3. 【マイホーム売却の軽減税率】10年以上住むと自宅を売却した場合の…
  4. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  5. 消費税転嫁拒否や通報に対する報復行為は違法
  6. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q20)
  7. 外国に居住している親族も控除対象になるの?
  8. 相続税はどんな場合にかかるの?

最近の記事

PAGE TOP