従業員や得意先等に支給する慶弔費の取扱いは?

Q. 従業員や得意先等に支給する慶弔費の取扱いは?

・全従業員を対象として、本人やその親族に対して支給する慶弔費は、社会通念上相当の金額であれば、福利厚生費となります。

・得意先等の社外の第三者に対する慶弔費は、福利厚生費ではなく交際費となります。

・慶弔費は領収書を取れないため、証拠となる案内状や通知などに日付、相手先、金額等を記載して保管しましょう。

・祝い金、見舞金、香典等は対価性がないため、消費税上は不課税となります。

 

関連記事

  1. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【月払いの給与(時…
  2. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置④資産の貸付け
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑦特定新聞
  4. 役員や従業員に貸した社宅の家賃はどう決めるの?
  5. 【令和元年7月改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q4)
  6. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q10)…
  7. 無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑤予約販売に係る書籍等

最近の記事

PAGE TOP