役員や従業員に貸した社宅の家賃はどう決めるの?

Q. 役員や従業員に貸した社宅の家賃はどう決めるの?

・所得税法で定められる算式で計算した金額(「賃貸料相当額」:固定資産税評価額等に基づいて算定)以上の家賃を役員や従業員から受け取っていれば、給与として課税されません。

・「賃貸料相当額」より低い家賃しか受け取っていない場合は、原則として、その差額が給与として課税されます。

・ただし、「賃貸料相当額」の50%以上の家賃を受け取っている場合は、その差額は給与として課税されません。

 

※ 実務上は、一般的な社宅の場合、会社が支払っている家賃の50%を役員や従業員から受け取っていれば、問題となることはほとんどありません(会社が実際に支払っている家賃が「賃貸料相当額」よりも高い場合がほとんどのため)。

 

関連記事

  1. 固定資産の修理・改良等のために支出した費用の取扱いは?
  2. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q9)
  4. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置④資産の貸付け
  5. マイナンバーカードで買い物ポイント還元
  6. 節税保険に関する税制改正が公表 短期払のがん保険にも制限
  7. 外国に居住している親族も控除対象になるの?
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q2)

最近の記事

PAGE TOP