給与を支給している従業員を外注扱いできないの?

Q. 給与を支給している従業員を外注扱いできないの?

・対象者との契約の実態が雇用契約(給与)か請負契約(外注費)かで判断します。

①他社からの仕事も請け負っているか

②対象者自身の判断で業務を遂行し、会社の指揮命令系統に属していないか

③業務に使用する材料や道具を自ら用意しているか

④対象者が自ら報酬を計算し、請求書を発行しているか

→上記に該当すれば、請負契約とみなすことができると言えます。

 

・税務調査において、会社が外注費として処理しているものを給与として判断されると、消費税の仕入税額控除の否認、源泉徴収漏れを指摘されるので注意

 

関連記事

  1. 相続で空き家になった不動産を売った場合の特例はあるの?
  2. 借金や葬式費用は相続財産から差し引けるの?
  3. 仕入に含まれる費用はどんなもの?
  4. 青色申告(法人の場合)のメリットは?
  5. 令和2年度税制改正 消費税①賃貸マンションの消費税還付規制
  6. 消費税増税対策 キャッシュレス決済のポイント還元制度
  7. 従業員と飲食店に行ったときの飲食費は会議費として処理できるの?
  8. マイナンバーカード 健康保険証、お薬手帳などと一体化

最近の記事

PAGE TOP