消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑦特定新聞

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

事業者が不特定多数の者に一定の期間を周期として定期的に発行する新聞で、発売日が令和元年(2019年)10月1日までであるもののうち、その新聞の譲渡を令和元年(2019年)10月1日以後に行うときは、旧税率8%が適用されます。

ただし、軽減税率対象の新聞(週2回以上発行の定期購読契約のもの)は除きます。

 

関連記事

  1. 外国人を雇用したときの源泉徴収は?
  2. 給料の支払い以外で源泉徴収が必要な場合は?
  3. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q20)
  4. 輸入取引に消費税は課税されるの?
  5. 一括償却資産制度とは?
  6. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q14)…
  7. 【令和元年7月改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q4)
  8. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q14)…

最近の記事

PAGE TOP