消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑦特定新聞

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

事業者が不特定多数の者に一定の期間を周期として定期的に発行する新聞で、発売日が令和元年(2019年)10月1日までであるもののうち、その新聞の譲渡を令和元年(2019年)10月1日以後に行うときは、旧税率8%が適用されます。

ただし、軽減税率対象の新聞(週2回以上発行の定期購読契約のもの)は除きます。

 

関連記事

  1. 役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?
  2. 固定資産税はいつ費用計上すればいいの?
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q2)
  4. 従業員に決算賞与を支給しても問題ないの?
  5. 相続で空き家になった不動産を売った場合の特例はあるの?
  6. 免税事業者は消費税を請求できない?
  7. 持続化給付金や特別定額給付金などに税金は課されるの?
  8. 会社が海外居住者や外国法人から不動産を賃借した場合、源泉徴収は必…

最近の記事

PAGE TOP