消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑦特定新聞

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

事業者が不特定多数の者に一定の期間を周期として定期的に発行する新聞で、発売日が令和元年(2019年)10月1日までであるもののうち、その新聞の譲渡を令和元年(2019年)10月1日以後に行うときは、旧税率8%が適用されます。

ただし、軽減税率対象の新聞(週2回以上発行の定期購読契約のもの)は除きます。

 

関連記事

  1. 国税庁「配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しに関するFAQ」を大…
  2. 従業員の資格取得費用の取扱いは?
  3. 消費税増税対策「プレミアム商品券」
  4. 仕入に含まれる費用はどんなもの?
  5. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q26)
  6. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置①旅客運賃等
  7. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q13)…
  8. 消費税の計算のために必要な帳簿、書類は?

最近の記事

PAGE TOP