役員報酬とは別に、役員が会社のお金を引き出した際の取扱いは?

Q. 役員報酬とは別に、役員が会社のお金を引き出した際(役員による不明な引出し)の取扱いは?

・役員貸付金残高が多額になると、金融機関から融資を受ける際に不利になる場合があるので注意しましょう。

・役員貸付金で処理している場合、貸付金額に応じた利息収入を計上する必要があります。

・多額の役員貸付金が滞留していると、役員賞与と認定され(税務上、費用として認められない)、源泉所得税徴収漏れを指摘される危険性があるため、定期的に会社にお金を返済する必要があります。

 

関連記事

  1. 従業員や得意先等に支給する慶弔費の取扱いは?
  2. 自宅を会社の事務所にできるの?
  3. 青色申告(法人の場合)のメリットは?
  4. 役員報酬を期中に減額できる場合は?
  5. 会社の種類による違いは?
  6. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q29)
  7. 遺言書について教えてください
  8. 売上はいつ計上するの?【請負で成果物の引き渡しがある場合】

最近の記事

PAGE TOP