消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q19)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

(乗車券等が発行されない場合)

Q 乗車券等が発行されない、チケットレスサービスによる乗車等の場合にも旅客運賃等の税率等に関する経過措置が適用されますか。
A 旅客運賃、映画・演劇の入場料金を令和元年(2019年)9月30日までの間に領収している場合、交通機関等への乗車や映画・演劇の入場が令和元年(2019年)10月1日以後に行われるときは、消費税の税率は旧税率8%が適用されます(旅客運賃等の税率等に関する経過措置)。

この旅客運賃等の税率等に関する経過措置は、乗車券等が発券されているかどうかは問われません。

そのため、乗車券等が発券されていなくても、旅客運賃、映画・演劇の入場料金を令和元年(2019年)9月30日までの間に領収している場合には、消費税の税率は旧税率8%が適用されます。

関連記事

  1. 協会けんぽの保険料率が平成31年3月分より改定
  2. 節税保険に対応した法人税基本通達の改正案公表
  3. 年末調整後に配偶者の所得金額について見積額と確定額に差が生じた場…
  4. ふるさと納税の過剰な返戻に対する規制
  5. 従業員や得意先等に支給する慶弔費の取扱いは?
  6. 【改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)
  7. 売上はいつ計上するの?【サービス業】
  8. 給料の支払い以外で源泉徴収が必要な場合は?

最近の記事

PAGE TOP