消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q19)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

(乗車券等が発行されない場合)

Q 乗車券等が発行されない、チケットレスサービスによる乗車等の場合にも旅客運賃等の税率等に関する経過措置が適用されますか。
A 旅客運賃、映画・演劇の入場料金を令和元年(2019年)9月30日までの間に領収している場合、交通機関等への乗車や映画・演劇の入場が令和元年(2019年)10月1日以後に行われるときは、消費税の税率は旧税率8%が適用されます(旅客運賃等の税率等に関する経過措置)。

この旅客運賃等の税率等に関する経過措置は、乗車券等が発券されているかどうかは問われません。

そのため、乗車券等が発券されていなくても、旅客運賃、映画・演劇の入場料金を令和元年(2019年)9月30日までの間に領収している場合には、消費税の税率は旧税率8%が適用されます。

関連記事

  1. マイナンバーカード 健康保険証、お薬手帳などと一体化
  2. 基準期間がない場合の消費税は?
  3. 寄附金は経費になるの?
  4. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q2)
  5. 令和2年度税制改正 法人課税関係④オープンイノベーション税制の創…
  6. 社会保険(健康保険・厚生年金保険)が適用される事業所は?
  7. 相続で空き家になった不動産を売った場合の特例はあるの?
  8. 夫の扶養を外れないためには、妻の給与をいくらまでに抑えればいいの…

最近の記事

PAGE TOP