消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q24)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後(新税率10%)に行われる取引であっても、飲食料品(酒類や外食を除く)や新聞の定期購読など一部の対象品目については、税率8%が適用される「軽減税率制度」が講じられます。

(賞味期限切れの食品の廃棄)

Q賞味期限切れの食品を廃棄するために売却する場合は、消費税の軽減税率8%の適用対象となりますか。
A消費税の軽減税率8%の適用対象となる「飲食料品」とは、人の飲用または食用に供されるものを言いますので、 賞味期限切れの食品を廃棄するために売却する場合は、「飲食料品」には該当せず、消費税の軽減税率8%の適用対象とはなりません。

関連記事

  1. 節税保険に対応した法人税基本通達の改正案公表
  2. 節税保険に関する税制改正が公表 短期払のがん保険にも制限
  3. 開業前の費用は経費になるの?
  4. 在庫の棚卸はいつ、どのように行うの?
  5. 【消費税改正】国税庁QA集を改定 判断に迷う事例を追加
  6. 会社の種類による違いは?
  7. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  8. 仕入はいつ計上するの?

最近の記事

PAGE TOP