消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q20)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

(ICカードのチャージによる乗車等)

Q 利用者が令和元年(2019年)9月30日までの間にICカードに現金をチャージ(入金)し、令和元年(2019年)10月1日以後にそのICカードによって乗車券等を購入する場合にも旅客運賃等の税率等に関する経過措置が適用されますか。
A ICカードに現金をチャージ(入金)した時点では、まだ旅客運賃、映画・演劇を催す場所等への入場料金を領収したことにはならないため、旅客運賃等の税率等に関する経過措置は適用されません。

 

関連記事

  1. マイナンバーカード 健康保険証、お薬手帳などと一体化
  2. 消費税の計算のために必要な帳簿、書類は?
  3. 設備投資をすると消費税が還付されるの?
  4. 役員や従業員に貸した社宅の家賃はどう決めるの?
  5. 政府が10月に消費税率を10%へ引き上げると明記
  6. 年払いの費用(家賃、リース料、保険料、支払利息等)は1年分すべて…
  7. 売上はいつ計上するの?【請負で成果物の引き渡しがある場合】
  8. 軽減税率対策補助金の申請期限は令和元年(2019年)12月16日…

最近の記事

PAGE TOP