【令和元年7月改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q1)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、飲食料品(酒類や外食を除く)や新聞の定期購読など」一部の対象品目については、改正前の8%が適用される「軽減税率」が講じられます。

(みりん、料理酒、調味料の販売)

Q 【令和元年7月改定】みりん、料理酒等の販売は、軽減税率8%の対象となりますか?
A酒税法に規定する酒類は、軽減税率8%の対象である「飲食料品」に該当しないため、新税率10%が適用されます。
そのため、酒税法に規定する「みりん」は軽減税率8%の対象となりません。
また、料理酒などの調味料については、原則として酒税法に規定する「酒類」に該当せず、「飲食料品」に該当するため、軽減税率8%の対象となります。

関連記事

  1. 【令和元年7月改訂】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q12)…
  2. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  3. 給与を支給している従業員を外注扱いできないの?
  4. 軽減税率対策補助金の申請期限は令和元年(2019年)12月16日…
  5. 売上はいつ計上するの?【請負で成果物の引き渡しがある場合】
  6. 消費税軽減税率制度説明会(税務署主催)
  7. 令和2年度税制改正 法人課税関係③中小企業等の少額減価償却資産の…
  8. 社会保険(健康保険・厚生年金保険)が適用される事業所は?

最近の記事

PAGE TOP