消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑥通信販売

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

通信販売の方法で商品を販売する事業者が平成31年3月31日までに、その販売価格等の条件を提示し、又は提示する準備が完了した場合、令和元年(2019年)10月1日までに申し込みを受けて、令和元年(2019年)10月1日以後に商品を販売するときは、旧税率8%が適用されます。

ただし、軽減税率対象の新聞(週2回以上発行の定期購読契約のもの)は除きます。

 

関連記事

  1. 無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?
  2. 節税保険に関する税制改正が公表 短期払のがん保険にも制限
  3. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q8)
  4. 消費税の計算のために必要な帳簿、書類は?
  5. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q36)
  6. 改正予定の相続税(民法)
  7. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  8. 2019年5月より新元号「令和」に!経理で必要な対応は?

最近の記事

PAGE TOP