消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑥通信販売

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

通信販売の方法で商品を販売する事業者が平成31年3月31日までに、その販売価格等の条件を提示し、又は提示する準備が完了した場合、令和元年(2019年)10月1日までに申し込みを受けて、令和元年(2019年)10月1日以後に商品を販売するときは、旧税率8%が適用されます。

ただし、軽減税率対象の新聞(週2回以上発行の定期購読契約のもの)は除きます。

 

関連記事

  1. 個人版事業承継税制の創設
  2. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q27)
  3. 改正予定の相続税(民法)
  4. 基準期間がない場合の消費税は?
  5. 外国に居住している親族も控除対象になるの?
  6. バイオリンの名器「ストラディバリウス」は経費になる?
  7. 会社が海外居住者や外国法人から不動産を賃借した場合、源泉徴収は必…
  8. 従業員に決算賞与を支給しても問題ないの?

最近の記事

PAGE TOP