消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q23)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後(新税率10%)に行われる取引であっても、飲食料品(酒類や外食を除く)や新聞の定期購読など一部の対象品目については、税率8%が適用される「軽減税率制度」が講じられます。

(ウォーターサーバーのレンタル)

Q ウォーターサーバーをレンタルして、レンタル代とウォーターサーバーで使用する水の販売代金を受け取っている場合、ウォーターサーバーのレンタルと水の販売は、消費税の軽減税率8%の適用対象となりますか。
A人の飲用として販売される水は「食品」に該当し、その販売は消費税の軽減税率8%の適用対象となります。
一方、ウォーターサーバーのレンタルは「飲食料品の提供」ではなく、「資産の貸付け」に該当するため、ウォーターサーバーのレンタル代は消費税の軽減税率8%の適用対象とはなりません。

関連記事

  1. 消費税転嫁拒否や通報に対する報復行為は違法
  2. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q16)…
  3. 役員に賞与を払いたい場合はどうすればいいの?
  4. 【改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)
  5. 令和2年度税制改正 法人課税関係④オープンイノベーション税制の創…
  6. 「節税保険」に対応した税制改正案(令和元年)
  7. 年末調整後に配偶者の所得金額について見積額と確定額に差が生じた場…
  8. 非課税取引とは?

最近の記事

PAGE TOP