消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q23)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後(新税率10%)に行われる取引であっても、飲食料品(酒類や外食を除く)や新聞の定期購読など一部の対象品目については、税率8%が適用される「軽減税率制度」が講じられます。

(ウォーターサーバーのレンタル)

Q ウォーターサーバーをレンタルして、レンタル代とウォーターサーバーで使用する水の販売代金を受け取っている場合、ウォーターサーバーのレンタルと水の販売は、消費税の軽減税率8%の適用対象となりますか。
A人の飲用として販売される水は「食品」に該当し、その販売は消費税の軽減税率8%の適用対象となります。
一方、ウォーターサーバーのレンタルは「飲食料品の提供」ではなく、「資産の貸付け」に該当するため、ウォーターサーバーのレンタル代は消費税の軽減税率8%の適用対象とはなりません。

関連記事

  1. 消費税増税対策「プレミアム商品券」
  2. 仕入に含まれる費用はどんなもの?
  3. 売上はいつ計上するの?【商品・製品を販売する場合】
  4. 外国人を雇用したときの源泉徴収は?
  5. 持続化給付金や特別定額給付金などに税金は課されるの?
  6. 従業員や得意先等に支給する慶弔費の取扱いは?
  7. 改正予定の相続税(民法)
  8. 相続税はどんな場合にかかるの?

最近の記事

PAGE TOP