相続税はどんな場合にかかるの?

Q. 相続税はどんな場合にかかるの?

相続税は、「正味遺産額」が「基礎控除額」を超える場合にかかります。

「基礎控除額」とは、「3,000万円+600万円×法定相続人の数」で算定される金額です。

また、「正味遺産額」とは、遺産総額から非課税財産を差し引いた金額です。

なお、遺産総額には、生命保険金や退職金など(みなし相続財産)を含み、相続開始前3年以内の贈与財産も含みます。

非課税財産には、主に以下のようなものがあります。

①借入金などの債務

②葬式費用(香典返しや初七日・法事にかかった費用は除きます)

③相続人が受け取る生命保険金の非課税枠:500万円×法定相続人の数

④相続人が受け取る死亡退職金の非課税枠:500万円×法定相続人の数

⑤相続人が国・地方公共団体・公益法人等(ユニセフ、日本赤十字、セーブザチルドレンなど)に寄附した相続財産

正味遺産額が基礎控除額を超えなければ、相続税がかからず、申告する必要はありません。

 

関連記事

  1. 【令和元年7月改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q5)
  2. 相続財産の分配はどうするの?
  3. 固定資産税はいつ費用計上すればいいの?
  4. 役員報酬の金額はどのように決めればいいの?
  5. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q7)
  6. 借金や葬式費用は相続財産から差し引けるの?
  7. 「遺留分」とは何ですか?
  8. 青色申告と白色申告の違いは?

最近の記事

PAGE TOP