外国人を雇用したときの源泉徴収は?

Q. 外国人を雇用したときの源泉徴収は?

・日本に住所を有しているか、1年以上日本に居住している人(「居住者」)は、所得税の納税義務者のため、源泉徴収の対象となります。

・上記以外の人(「非居住者」)は、一律20.42%の源泉徴収を行い、翌月10日までに納付して、日本での課税関係は終了します。

・外国人留学生への給与のうち、租税条約の内容次第で免税となる場合があります(中国、ブラジル、フィリピン、韓国など)。該当する場合は、租税条約に関する届出書を税務署へ提出する必要あります。

 

関連記事

  1. 仕入に含まれる費用はどんなもの?
  2. 【3,000万円の特別控除】自宅を売却しても税金はかからない?
  3. 相続税はどんな場合にかかるの?
  4. 消費税10%改正【要点まとめ】3つの税率
  5. マイナンバーカード 健康保険証、お薬手帳などと一体化
  6. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q26)
  7. 役員報酬の変更方法は?
  8. 相続財産の分配はどうするの?

最近の記事

PAGE TOP