外国人を雇用したときの源泉徴収は?

Q. 外国人を雇用したときの源泉徴収は?

・日本に住所を有しているか、1年以上日本に居住している人(「居住者」)は、所得税の納税義務者のため、源泉徴収の対象となります。

・上記以外の人(「非居住者」)は、一律20.42%の源泉徴収を行い、翌月10日までに納付して、日本での課税関係は終了します。

・外国人留学生への給与のうち、租税条約の内容次第で免税となる場合があります(中国、ブラジル、フィリピン、韓国など)。該当する場合は、租税条約に関する届出書を税務署へ提出する必要あります。

 

関連記事

  1. 青色申告と白色申告の違いは?
  2. 2019年5月より新元号「令和」に!経理で必要な対応は?
  3. 期末在庫の単価はどのように決めるの?
  4. 従業員の資格取得費用の取扱いは?
  5. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q6)
  6. 役員報酬を期中に減額できる場合は?
  7. 仕入に含まれる費用はどんなもの?
  8. 消費税増税対策 キャッシュレス決済のポイント還元制度

最近の記事

PAGE TOP