iDeCoで節税対策

iDeCoとは、個人型確定拠出年金の愛称です。

節税しながら、将来の老後に備えることができる公的な年金制度です。

毎月拠出した金額の全額が所得控除されるため、所得税や住民税が節税になります。

ただし、企業年金に加入していない会社員の方は、拠出額の上限が毎月23,000円、自営業の方は国民年金基金等と合わせて、拠出額の上限が毎月68,000円となります。

節税額は、例えば、企業年金に加入していない会社員(所得税率20%、住民税率10%)が毎月23,000円を拠出した場合、

毎年、所得税が55,200円、住民税が27,600円の節税となります。

拠出した金額は、原則として、60歳まで引き出せませんが、60歳以降に一時金または年金として受け取ったときは、

「退職所得控除」または「公的年金等控除」の対象となるため、所得税および住民税がほとんどかからないケースが多くなります。

iDeCoに加入していると、生命保険等と同様に、10月頃になると控除証明書のハガキが届くので、年末調整や確定申告のために、なくさないように保管しましょう。

 

関連記事

  1. 免税事業者は消費税を請求できない?
  2. 年末調整後に配偶者の所得金額について見積額と確定額に差が生じた場…
  3. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q36)
  4. 令和2年度税制改正 法人課税関係①賃上げ・投資促進税制
  5. 消費税10%改正【要点まとめ】請求書の記載方法
  6. 節税保険に関する税制改正が公表 短期払のがん保険にも制限
  7. 政府が10月に消費税率を10%へ引き上げると明記
  8. 令和2年度税制改正 法人課税関係③中小企業等の少額減価償却資産の…

最近の記事

PAGE TOP