【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q15)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後(新税率10%)に行われる取引であっても、飲食料品(酒類や外食を除く)や新聞の定期購読など一部の対象品目については、税率8%が適用される「軽減税率制度」が講じられます。

(遊園地の売店)

Q 【令和元年7月追加】遊園地の売店で飲食料品を販売し、来園者が園内で食べ歩くほか、園内に点在するベンチで飲食する場合、消費税の軽減税率8%は適用されるのでしょうか。
A 消費税の軽減税率8%の適用対象とならない「飲食設備」における飲食とは、個々のテーブルや椅子等の飲食に用いられる設備を指すもので、遊園地といった施設全体を指すものではありません。
そのため、売店にとっての「飲食設備」は、売店の側に設置したテーブルなど売店の管理が直接及ぶものが該当し、園内に点在するベンチ等は売店の管理が直接及ばないため、その売店にとっての「飲食設備」には該当しません。
したがって、来園者が売店で飲食料品を購入し、園内で食べ歩いたり、園内に点在するベンチで飲食する場合は、「飲食設備」における飲食には該当しないため、消費税の軽減税率8%が適用されます。

関連記事

  1. 社会保険の被扶養者になるための条件は?
  2. 相続税はどんな場合にかかるの?
  3. 生命保険各社で「節税保険」の見直し予定
  4. 誰が相続人になるの(法定相続人)?
  5. 消費税増税まであと2ヶ月 中小企業の対応に遅れ
  6. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q11)…
  7. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  8. 令和2年度税制改正 法人課税関係①賃上げ・投資促進税制

最近の記事

PAGE TOP