どのような取引に消費税が課税されるの?

Q. どのような取引に消費税が課税されるの?

以下の4つの要件をすべて満たすものが消費税の課税対象となります。

①国内において行うものであること

・資産の所在していた場所、役務の提供された場所等が国内であること

・輸入取引、輸出取引も課税対象(輸出取引は免税)

②事業者が事業として行うものであること

・法人の活動は、原則としてすべて事業者が事業として行うものに該当

③対価を得て行うものであること

・無償の取引は原則として課税対象外

・個人事業者の自家消費は課税対象

・法人の役員に対する低額譲渡は課税対象

④資産の譲渡、貸付又は役務の提供であること

 

関連記事

  1. 免税事業者は消費税を請求できない?
  2. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q35)
  3. 会社が海外居住者や外国法人から不動産を賃借した場合、源泉徴収は必…
  4. 相続した財産を3年以内に売却して節税
  5. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q22)…
  6. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑤予約販売に係る書籍等
  7. 消費税10%改正【要点まとめ】軽減税率8% or 標準税率10%…
  8. 消費税転嫁拒否や通報に対する報復行為は違法

最近の記事

PAGE TOP