どのような取引に消費税が課税されるの?

Q. どのような取引に消費税が課税されるの?

以下の4つの要件をすべて満たすものが消費税の課税対象となります。

①国内において行うものであること

・資産の所在していた場所、役務の提供された場所等が国内であること

・輸入取引、輸出取引も課税対象(輸出取引は免税)

②事業者が事業として行うものであること

・法人の活動は、原則としてすべて事業者が事業として行うものに該当

③対価を得て行うものであること

・無償の取引は原則として課税対象外

・個人事業者の自家消費は課税対象

・法人の役員に対する低額譲渡は課税対象

④資産の譲渡、貸付又は役務の提供であること

 

関連記事

  1. 従業員や得意先等に支給する慶弔費の取扱いは?
  2. 源泉徴収税の納付期限は?
  3. 従業員と飲食店に行ったときの飲食費は会議費として処理できるの?
  4. 遺産分割協議とは?
  5. 土地や建物以外にも固定資産税はかかるの?
  6. 消費税新税率10%は10月1日午前0時から?
  7. 青色申告と白色申告の違いは?
  8. 所得がどれくらいで法人にした方が有利?

最近の記事

PAGE TOP