どのような取引に消費税が課税されるの?

Q. どのような取引に消費税が課税されるの?

以下の4つの要件をすべて満たすものが消費税の課税対象となります。

①国内において行うものであること

・資産の所在していた場所、役務の提供された場所等が国内であること

・輸入取引、輸出取引も課税対象(輸出取引は免税)

②事業者が事業として行うものであること

・法人の活動は、原則としてすべて事業者が事業として行うものに該当

③対価を得て行うものであること

・無償の取引は原則として課税対象外

・個人事業者の自家消費は課税対象

・法人の役員に対する低額譲渡は課税対象

④資産の譲渡、貸付又は役務の提供であること

 

関連記事

  1. 役員報酬の変更方法は?
  2. 青色申告と白色申告の違いは?
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q11)…
  4. 従業員や得意先等に支給する慶弔費の取扱いは?
  5. 相続した財産を3年以内に売却して節税
  6. 自宅を会社の事務所にできるの?
  7. 社会保険の被扶養者になるための条件は?
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q6)

最近の記事

PAGE TOP