どのような取引に消費税が課税されるの?

Q. どのような取引に消費税が課税されるの?

以下の4つの要件をすべて満たすものが消費税の課税対象となります。

①国内において行うものであること

・資産の所在していた場所、役務の提供された場所等が国内であること

・輸入取引、輸出取引も課税対象(輸出取引は免税)

②事業者が事業として行うものであること

・法人の活動は、原則としてすべて事業者が事業として行うものに該当

③対価を得て行うものであること

・無償の取引は原則として課税対象外

・個人事業者の自家消費は課税対象

・法人の役員に対する低額譲渡は課税対象

④資産の譲渡、貸付又は役務の提供であること

 

関連記事

  1. 所得がどれくらいで法人にした方が有利?
  2. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【日払いの給与】
  3. 相続した財産を3年以内に売却して節税
  4. 役員報酬は毎月同額にしないといけないの?
  5. 労働保険料の算定方法は?
  6. 「遺留分」とは何ですか?
  7. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置③工事契約等
  8. 売上はいつ計上するの?【請負で成果物の引き渡しがある場合】

最近の記事

PAGE TOP