固定資産の修理・改良等のために支出した費用の取扱いは?

Q. 固定資産の修理・改良等のために支出した費用の取扱いは?

・修理・改良等によって、その固定資産の使用可能期間を延長させ、または、その資産価値を増加させる場合は、資産計上します(「資本的支出」)。

・固定資産の通常の維持管理のための支出や、故障・損傷等の原状回復のための支出は修繕費となります(損金算入)。

・資本的支出か修繕費か不明な場合、以下のいずれかに該当するときは、修繕費として処理できます。

①金額が60万円未満の場合

②修理・改良等を行った固定資産の取得価額の10%相当額以下の場合

・資本的支出を行った場合は、修理・改良等を行った減価償却資産と同じ耐用年数・減価償却方法で減価償却します。

 

関連記事

  1. 消費税軽減税率制度説明会(税務署主催)
  2. 役員報酬は毎月同額にしないといけないの?
  3. 消費税の納税義務は?
  4. 無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?
  5. 社会保険料の算定方法は?
  6. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  7. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q7)
  8. 交通反則金は会社の費用になるの?

最近の記事

PAGE TOP