固定資産の修理・改良等のために支出した費用の取扱いは?

Q. 固定資産の修理・改良等のために支出した費用の取扱いは?

・修理・改良等によって、その固定資産の使用可能期間を延長させ、または、その資産価値を増加させる場合は、資産計上します(「資本的支出」)。

・固定資産の通常の維持管理のための支出や、故障・損傷等の原状回復のための支出は修繕費となります(損金算入)。

・資本的支出か修繕費か不明な場合、以下のいずれかに該当するときは、修繕費として処理できます。

①金額が60万円未満の場合

②修理・改良等を行った固定資産の取得価額の10%相当額以下の場合

・資本的支出を行った場合は、修理・改良等を行った減価償却資産と同じ耐用年数・減価償却方法で減価償却します。

 

関連記事

  1. 売上はいつ計上するの?【商品・製品を販売する場合】
  2. 開業前の費用は経費になるの?
  3. 設備投資をすると消費税が還付されるの?
  4. 売上はいつ計上するの?【請負で成果物の引き渡しがある場合】
  5. 外国人を雇用したときの源泉徴収は?
  6. 青色申告(法人の場合)のメリットは?
  7. 無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置③工事契約等

最近の記事

PAGE TOP