固定資産の修理・改良等のために支出した費用の取扱いは?

Q. 固定資産の修理・改良等のために支出した費用の取扱いは?

・修理・改良等によって、その固定資産の使用可能期間を延長させ、または、その資産価値を増加させる場合は、資産計上します(「資本的支出」)。

・固定資産の通常の維持管理のための支出や、故障・損傷等の原状回復のための支出は修繕費となります(損金算入)。

・資本的支出か修繕費か不明な場合、以下のいずれかに該当するときは、修繕費として処理できます。

①金額が60万円未満の場合

②修理・改良等を行った固定資産の取得価額の10%相当額以下の場合

・資本的支出を行った場合は、修理・改良等を行った減価償却資産と同じ耐用年数・減価償却方法で減価償却します。

 

関連記事

  1. 無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?
  2. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q22)
  3. 売上はいつ計上するの?【請負で成果物の引き渡しがある場合】
  4. 消費税増税まであと2ヶ月 中小企業の対応に遅れ
  5. 【令和元年7月改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q3)
  6. 相続税はどんな場合にかかるの?
  7. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q36)
  8. 配偶者の特例を使うと相続税はどうなるの?

最近の記事

PAGE TOP