消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q35)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後(新税率10%)に行われる取引であっても、飲食料品(酒類や外食を除く)や新聞の定期購読など一部の対象品目については、税率8%が適用される「軽減税率制度」が講じられます。

(食品の加工)

Q取引先から食材を仕入れて加工していますが、食品の加工は消費税の軽減税率8%の適用対象となりますか。
A食品の加工は、「飲食料品の譲渡」ではなく役務の提供に該当するため、消費税の軽減税率8%の適用対象とはなりません。

関連記事

  1. 仕入はいつ計上するの?
  2. 【空き家3000万円の特別控除】空き家を売却しても税金はかからな…
  3. 売上はいつ計上するの?【サービス業】
  4. 自宅を会社の事務所にできるの?
  5. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q13)…
  6. 交通反則金は会社の費用になるの?
  7. 従業員と飲食店に行ったときの飲食費は会議費として処理できるの?
  8. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q17)…

最近の記事

PAGE TOP