一括償却資産制度とは?

Q. 一括償却資産制度とは?

・取得価額が20万円未満の減価償却資産について、通常の減価償却方法によらないで、3年で均等償却できます(一括償却)。

・月割計算しないため、決算期末に取得した場合でも、取得価額の3分の1を償却することが可能です。

・一括償却資産は、償却資産税の対象外となります。

・除却・売却等しても3年均等償却を継続する必要があります。

※青色申告法人である中小企業者は、30万円未満の減価償却資産を損金算入できるため、一括償却資産制度を適用するメリットは薄いと言えます。

関連記事

  1. 外国人を雇用したときの源泉徴収は?
  2. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q9)
  3. 会社が海外居住者や外国法人から不動産を賃借した場合、源泉徴収は必…
  4. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置③工事契約等
  5. 固定資産税はいつ費用計上すればいいの?
  6. 従業員の資格取得費用の取扱いは?
  7. 賞与の源泉徴収の金額はどのように算出するの?
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q23)…

最近の記事

PAGE TOP