【消費税改正】区分記載請求書 値引き後金額は按分計算が必要

令和元年(2019年)10月1日より、消費税の軽減税率制度が実施されます。

同日より、「区分記載請求書等保存方式」が導入されます。

「区分記載請求書等保存方式」では、飲食料品(軽減材率8%)と飲食料品以外(増税後10%)を同時に販売した場合、それぞれの適用税率ごとの税込金額を区分してレシートに記載する必要があります。

小売業者を中心に「クーポン券等」による値引き販売が実施されることが検討されていますが、「クーポン券等」によって一括値引きがされた場合、それぞれの適用税率ごとの値引き後の金額を按分計算して、レシートに記載する必要があります。

値引きの対象を「飲食料品以外のもの」のように限定することで、上記のような煩雑な按分計算を避けることは可能ですが、軽減税率制度に係る対応が懸念されます。

 

関連記事

  1. 【消費税改正】国税庁QA集を改定 判断に迷う事例を追加
  2. 持続化給付金や特別定額給付金などに税金は課されるの?
  3. 白色申告の帳簿作成・保存義務
  4. 【令和元年7月改訂】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q12)…
  5. 協会けんぽの保険料率が平成31年3月分より改定
  6. 政府が10月に消費税率を10%へ引き上げると明記
  7. 消費税増税対策 キャッシュレス決済のポイント還元制度
  8. 生命保険の「節税商品」の販売中止と法改正の検討

最近の記事

PAGE TOP