従業員の資格取得費用の取扱いは?

Q. 従業員の資格取得費用の取扱いは?

・業務遂行上必要であり、従業員の職務に直接必要なものであれば、損金として処理(福利厚生費、研修費など)できます。

・従業員の職務に必要不可欠とはいえない資格の場合、給与として課税されます(源泉所得税)。

 

関連記事

  1. 給料の源泉徴収の金額はどのように算出するの? 【日払いの給与】
  2. 誰が相続人になるの(法定相続人)?
  3. 社会保険の被扶養者になるための条件は?
  4. 制服を支給したときの取扱いは?
  5. 遺産分割協議とは?
  6. 2019年5月より新元号「令和」に!経理で必要な対応は?
  7. 消費税の納税義務は?
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置④資産の貸付け

最近の記事

PAGE TOP