制服を支給したときの取扱いは?

Q. 制服を支給したときの取扱いは?

・職務の性質上、制服を着ることが必要な場合、支給する制服について福利厚生費で処理できます。

・スーツなど勤務場所以外でも着用できるようなものは、現物給与として課税されます(源泉所得税)。

 

関連記事

  1. 相続した財産を3年以内に売却して節税
  2. 役員に賞与を払いたい場合はどうすればいいの?
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置④資産の貸付け
  4. 無償の取引でも消費税が課税されることがあるの?
  5. 青色申告の要件は?
  6. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑦特定新聞
  7. 社員旅行の費用は会社の経費となるの?
  8. 少額の減価償却資産とは?

最近の記事

PAGE TOP