設立日・決算日はどのように決めればいいの?

Q. 設立日・決算日はどのように決めればいいの?

・決算月および申告月は、事務処理や手続きなどが増えるため、繁忙期を避けた方がいいです。

・申告月(納税期限(期末日から2か月))は、法人税や消費税等の納付や、税理士への報酬の支払いなど、まとまった資金が必要となるため、資金繰りに余裕のある時期の方がいいです。

・法人住民税の均等割りを1月分節約するために、設立日は1日を避けた方がいいです。

関連記事

  1. 絵画は減価償却できるの?
  2. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置④資産の貸付け
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑥通信販売
  4. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  5. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q26)
  6. 消費税の計算のために必要な帳簿、書類は?
  7. 従業員に決算賞与を支給しても問題ないの?
  8. 仕入はいつ計上するの?

最近の記事

PAGE TOP