設立日・決算日はどのように決めればいいの?

Q. 設立日・決算日はどのように決めればいいの?

・決算月および申告月は、事務処理や手続きなどが増えるため、繁忙期を避けた方がいいです。

・申告月(納税期限(期末日から2か月))は、法人税や消費税等の納付や、税理士への報酬の支払いなど、まとまった資金が必要となるため、資金繰りに余裕のある時期の方がいいです。

・法人住民税の均等割りを1月分節約するために、設立日は1日を避けた方がいいです。

関連記事

  1. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q8)
  2. 外国に居住している親族も控除対象になるの?
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】請求書の記載方法
  4. 基準期間がない場合の消費税は?
  5. 年払いの費用(家賃、リース料、保険料、支払利息等)は1年分すべて…
  6. 外国人を雇用したときの源泉徴収は?
  7. 売上はいつ計上するの?【請負で成果物の引き渡しがある場合】
  8. 賞与の源泉徴収の金額はどのように算出するの?

最近の記事

PAGE TOP