消費税10%改正【要点まとめ】経過措置①旅客運賃等

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

令和元年(2019年)10月1日の消費税改正後に行う旅客運送(電車、航空機等)の運賃や映画・演劇、美術館、遊園地、競馬場等への入場料金のうち、前回の消費税改正である平成26年(2014年)4月1日から令和元年(2019年)9月30日までにその対価を受領しているものについては、旧税率8%が適用されます。

 

関連記事

  1. 給与を支給している従業員を外注扱いできないの?
  2. 【消費税増税速報】コンビニでICOCA利用で2%還元されました
  3. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置②電気料金等
  4. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q24)
  5. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q31)
  6. 賞与の源泉徴収の金額はどのように算出するの?
  7. 【消費税改正】国税庁QA集を改定 判断に迷う事例を追加
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q22)…

最近の記事

PAGE TOP