消費税10%改正【要点まとめ】経過措置①旅客運賃等

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

令和元年(2019年)10月1日の消費税改正後に行う旅客運送(電車、航空機等)の運賃や映画・演劇、美術館、遊園地、競馬場等への入場料金のうち、前回の消費税改正である平成26年(2014年)4月1日から令和元年(2019年)9月30日までにその対価を受領しているものについては、旧税率8%が適用されます。

 

関連記事

  1. 従業員の成果報酬を賞与ではなく手当として支給することで社会保険料…
  2. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q22)
  3. 改正予定の相続税(民法)
  4. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q18)…
  5. 社会保険の被保険者となる人は?
  6. 法人成りの場合の消費税の納税義務は?
  7. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q23)
  8. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置③工事契約等

最近の記事

PAGE TOP