消費税10%改正【要点まとめ】経過措置①旅客運賃等

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

令和元年(2019年)10月1日の消費税改正後に行う旅客運送(電車、航空機等)の運賃や映画・演劇、美術館、遊園地、競馬場等への入場料金のうち、前回の消費税改正である平成26年(2014年)4月1日から令和元年(2019年)9月30日までにその対価を受領しているものについては、旧税率8%が適用されます。

 

関連記事

  1. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q11)…
  2. 給与を支給している従業員を外注扱いできないの?
  3. 少額の減価償却資産とは?
  4. 【令和元年7月改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q4)
  5. 売上はいつ計上するの?【請負で成果物の引き渡しがある場合】
  6. 借金や葬式費用は相続財産から差し引けるの?
  7. 役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?
  8. 役員報酬を期中に減額できる場合は?

最近の記事

PAGE TOP