家賃支援給付金の申請期限延長

家賃支援給付金の申請期限は当初2021年1月15日まででしたが、提出資料の準備に時間を要するなど、申請期限に間に合わない事情がある方の書類の提出期限が2021年2月15日までに延長されました。

また、書類の提出期限延長の申込期限は2021年1月31日までに延長されました。

緊急事態宣言の中で申請書類の準備に時間を要する事業者など、申請が遅くなる理由を1月31日までに簡単に申し出れば、書類の提出期限が2月15日までに延長されます。

なお、あくまで家賃支援給付金の新規の申請期限が2021年2月15日となっているだけで、その後の申請内容の訂正や提出書類の再提出などの再申請の期限は今のところ定められていないようです。

家賃支援給付金は持続化給付金とは異なり、賃貸借契約書や支払証明などの資料の準備が難しい場合が多く、無事に受給された事業者はまだまだ少ないようですが、まだ申請していない事業者はとりあえず新規の申請を2月15日までに済ませて、その後不備の指摘があった場合にはじっくりと時間をかけて再申請すればいいでしょう。

関連記事

  1. 給付金・助成金・補助金等の収益計上時期
  2. 消費税増税に伴う幼児教育・保育の無償化
  3. 家賃支援給付金 社宅の家賃も対象
  4. 軽減税率対策補助金の申請期限は令和元年(2019年)12月16日…
  5. 持続化給付金の申請期限延長
  6. GoToトラベルで得したお金に税金がかかるの?
  7. 【新型コロナウイルス感染症対策】持続化給付金
  8. 新型コロナウイルス給付金

最近の記事

PAGE TOP