【助成金】新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース

「働き方改革推進支援助成金」という助成金が従来からありましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止および対策を目的とした取組を行う事業主を支援する特例コース「新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース」が時限的に設けられました。

支給対象などは以下の通りです。

【対象事業主】

新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを新規(試行的に導入している場合も対象)で導入する中小企業事業主(下表)

業種 資本金または出資額 常時雇用する労働者
小売業(飲食店含む) 5000万円以下 50人以下
サービス業 5000万円以下 100人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
その他の業種 3億円以下 300人以下

 

【助成対象の取り組み】

・テレワーク用通信機器(パソコン、タブレット端末、スマートフォンなどは対象外)の導入・運用

・就業規則・労使協定等の作成・変更

・外部専門家(社会保険労務士、税理士など)によるコンサルティング

・労働者に対する研修、周知・啓発 など

 

【主な要件】

・対象期間中に助成対象の取り組みを行うこと

・テレワークを実施した労働者が1人以上いること

 

【対象となる事業の実施期間】

令和2年2月17日から5月31日

※計画の事後提出をを可能にし、2月17日以降の取り組みで交付決定より前のものも助成対象となります

 

【支給額】

補助率1/2(1企業当り100万円が上限)

 

詳細は厚生労働省のホームページをご参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html

関連記事

  1. キャッシュレス・ポイント還元対象店舗検索アプリ
  2. 【助成金】新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金
  3. 軽減税率対策補助金の申請期限は令和元年(2019年)12月16日…
  4. 持続化給付金や特別定額給付金などに税金は課されるの?
  5. 消費税増税対策 キャッシュレス決済のポイント還元制度
  6. 新型コロナウイルス給付金
  7. 消費税増税まであと2ヶ月 中小企業の対応に遅れ
  8. 家賃支援給付金 社宅の家賃も対象

最近の記事

PAGE TOP