消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q31)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後(新税率10%)に行われる取引であっても、飲食料品(酒類や外食を除く)や新聞の定期購読など一部の対象品目については、税率8%が適用される「軽減税率制度」が講じられます。

(ネットスーパー)

Qネットスーパーなどの通信販売による販売は、消費税の軽減税率8%の適用対象となりますか。
A インターネット等を利用した通信販売であっても、販売する商品が「飲食料品(酒類、医薬品等除く)」に該当する場合は、消費税の軽減税率8%の適用対象となります。

関連記事

  1. 年末調整後に配偶者の所得金額について見積額と確定額に差が生じた場…
  2. 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q28)
  3. 従業員に決算賞与を支給しても問題ないの?
  4. 労働保険(労災保険・雇用保険)が適用される事業所は?
  5. 従業員と飲食店に行ったときの飲食費は会議費として処理できるの?
  6. 役員報酬を期中に減額できる場合は?
  7. 令和2年度税制改正 法人課税関係③中小企業等の少額減価償却資産の…
  8. 個人版事業承継税制の創設

最近の記事

PAGE TOP