消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q30)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後(新税率10%)に行われる取引であっても、飲食料品(酒類や外食を除く)や新聞の定期購読など一部の対象品目については、税率8%が適用される「軽減税率制度」が講じられます。

(自動販売機)

Q自動販売機の飲み物やパン、お菓子などの販売は、消費税の軽減税率8%の適用対象となりますか。
A 自動販売機により行われる飲み物、パン、お菓子等の販売は、小売店等での飲食料品の販売と同様に、消費税の軽減税率8%の適用対象となります。

関連記事

  1. 役員や従業員に貸した社宅の家賃はどう決めるの?
  2. iDeCoで節税対策
  3. 社会保険の被扶養者になるための条件は?
  4. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置③工事契約等
  5. 令和2年度税制改正 法人課税関係③中小企業等の少額減価償却資産の…
  6. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q6)
  7. 【改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)
  8. 年末調整後に配偶者の所得金額について見積額と確定額に差が生じた場…

最近の記事

PAGE TOP