会社の種類による違いは?

Q. 会社の種類による違いは?

・合名会社・合資会社は出資額を超えて責任を負うため、一般的に設立することは稀です。

・合同会社は、出資者と経営者が一致し、設立費用が安い(登録免許税6万円)です。

・株式会社は出資者(株主)と経営者(取締役)が分離し、設立費用が高い(登録免許税15万円、定款認証料5.2万円)です。

・会社の形態による税金面の取扱いの相違は特にありません。

・社会的信用度は株式会社が一般的に高いといえます。特に、会社と取引をする際には、株式会社である方が条件面で有利となる場合があります。

関連記事

  1. 役員や従業員に食事を支給する場合の処理は?
  2. 固定資産の修理・改良等のために支出した費用の取扱いは?
  3. 【令和元年7月追加】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(Q15)…
  4. 青色申告と白色申告の違いは?
  5. 輸入取引に消費税は課税されるの?
  6. 仕入に含まれる費用はどんなもの?
  7. 生命保険を会社で負担したときの処理は?
  8. 【消費税増税速報】実質負担税率は3%・5%・6%・8%・10%の…

最近の記事

PAGE TOP