消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q7)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

(経過措置の概要)

Q 令和元年(2019年)10月1日以後の取引に適用される経過措置の概要を教えてください。
A 令和元年(2019年)10月1日以後の取引については、原則として、新税率10%が適用されることとなりますが、こうした原則を厳格に適用することが明らかに困難と認められる取引については、経過措置が設けられており、旧税率(8%)を適用することとされています。

 

関連記事

  1. 役員報酬とは別に、役員が会社のお金を引き出した際の取扱いは?
  2. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q10)…
  3. 売掛金や貸付金が回収できない場合の処理は?
  4. 期末在庫の単価はどのように決めるの?
  5. 社会保険の被扶養者になるための条件は?
  6. 【改定】消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)
  7. 政府が10月に消費税率を10%へ引き上げると明記
  8. 白色申告の帳簿作成・保存義務

最近の記事

PAGE TOP