消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q7)

令和元年(2019年)10月1日の消費税増税後に行われる取引であっても、一定の取引については、改正前の8%が適用される「経過措置」が講じられます。

(経過措置の概要)

Q 令和元年(2019年)10月1日以後の取引に適用される経過措置の概要を教えてください。
A 令和元年(2019年)10月1日以後の取引については、原則として、新税率10%が適用されることとなりますが、こうした原則を厳格に適用することが明らかに困難と認められる取引については、経過措置が設けられており、旧税率(8%)を適用することとされています。

 

関連記事

  1. 【消費税改正】区分記載請求書 値引き後金額は按分計算が必要
  2. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置Q&A(Q20)…
  3. 役員報酬は毎月同額にしないといけないの?
  4. 仮想通貨自動計算ツール公開
  5. 消費税10%改正【要点まとめ】経過措置⑦特定新聞
  6. 制服を支給したときの取扱いは?
  7. 年末調整後に配偶者の所得金額について見積額と確定額に差が生じた場…
  8. 設備投資をすると消費税が還付されるの?

最近の記事

PAGE TOP